読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどちゃんが通る

お焚き上げブログの岩崎どどです。不要な感情は即お焚き上げ。

どどの相談窓口 ご案内

お焚き上げブログはじめてパック ・ 申込みフォーム作成塾

目標へ近づくSNS・blog診断 ・ ちょっと教えて!操作塾

メニュー申込みはコチラからどうぞ

11736
携帯からのご予約はこちら

離婚されたくなくて必死なのね

過去の離婚の話は、

正直、心の傷なので封印してきましたが、

ここへきて、離婚で悩んでる人居るかも!

と、思い立ち、

離婚ネタシリーズを書いてます。

 

正直忘れかけてる事もあるので、

ヤフー知恵袋で現在進行形の方の悩みを拝見しながら、

思い出してます。

 

今回の悩みはコチラ。

 

別れたいと言ったら、

旦那様は別れたくないと言い、

「別れたら死ぬ!」

と言われて、どうしたら良いものか?

 

詳しくはコチラ

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

どどの回答はコチラ

 

別れましょう。

人間誰でもいつかは死ぬし、
自分が死ぬのを誰かのせいみたいに言う人居るけど、
ぶっちゃけ、生きるも死ぬも自分の責任なんです。

ましてや大人なら、それが普通です。

別れたくなくて必死なのは解りますが、
ぶっちゃけウザいですね。

「死ぬ」って言ったら別れないとでも思ってるんでしょうか?

そんなストレスの原因からはさっさと遠ざかって、
幸せになってください。

 

 

ほんと、これですよ。

 

どども似たような経験あるんです。

離婚したい!って言ってるのに、

あれやこれや理由をつけて、

別れないように説得されるんです。

 

それでも、絶対別れるから!って言ったら、

 

「お前のせいで、夜寝れなくなって、

睡眠薬貰って飲んだら、

朝起きれなくなって、会社に遅刻したり

もう、大変なんだ

うつ病だと思う」

 

「はあ?

うつ病って誰が決めたの?

こっちは、貴方との結婚生活のうち5年間ほど、

ずーっとうつ病でしたよ。

つい最近、うつ病になったからって、

文句言わないで!」

 

これ、完全実話ですよ(笑)

 

こんな泣き落としでどうにかなると思ってるのでしょうか?

 

そう、どどはうつ病でした。

あとで解ったけど、マジでうつ病

でも、本当に病んでたから、

自分がうつ病だと解らなかったの。

 

まずね、朝早くに会社へ行く旦那が家を出てから、

布団の中で一回泣くの。

それも、涙ポロっと位な話じゃなくて、

嗚咽しながら泣くの。

 

涙で腫れた目がバレないように、

お化粧して、仕事へ行くんです。

 

日中は普通に仕事します。

 

そのあと、家に帰るんだけど、

帰りの電車の中で、自然と涙が溢れてくるの。

電車の中から見える夕焼けを眺めながら、

何度泣いたことか。

 

泣きながら辿り着いた家に、明かりが灯ってたら、

暫く、家の明かりを眺めてボンヤリしてました。

 

旦那が帰ってる家に入りたくなかったから。

 

近くに大きな川があって、橋の上から川を眺めて、

自殺したら楽かな?

とか考えたりもしました。

 

真っ暗だったら、普通に家に入って、

家事したり。

 

旦那が帰ってきたら、普通に明るく会話して、

普通にテレビを見たり・・・

そして布団に入る。

布団に入ると自然と涙が出てきて、

それを旦那に見つからないように頭まで布団を被って寝ました。

 

 

そんな毎日。

 

毎日泣いてた。

 

なんで泣いてたかというと、

子供が欲しかったの。

 

子供が欲しいのにセックスレスだったから。

 

芸能人の妊娠とか出産のニュースをテレビでみても、

泣いてましたね。

羨ましくて・・・・・

 

子供を虐待で殺した事件を観ても、

こんな人でも子供が居るのに、

なんで私は・・・

と、泣いてました。

 

このまま、自分の人生終わるのかと思うと、

とにかく涙が止まらなかったの。

 

5年位ですかね・・・

涙を流し続け、

ある日気がついたんです。

 

このままだと、本当に子供を産めなくなる。

 

年齢です。

 

女は40歳すぎると産めなくなる。

(正確には、妊娠する確率が下がる)

 

これに気が付いた時は、震えましたね。

 

私には時間が無い。

 

こんな男と暮らしていても未来は無い。

 

そして私は離婚を決意したんです。

 

そう、あれは、どどが36歳の頃でした。

 

ちなみに、この時期流した涙の訳は、

「行き場の無い母性」だったみたいです。

この件については、また別記事で。

 

離婚シリーズ 

 

dodo-chan.hatenablog.com

 

dodo-chan.hatenablog.com

 

 

 

どどの得意分野

離婚問題

180日問題

嫁姑問題

ダメンズ問題

職場のパワハラ問題

副業問題

 

以上全て実体験に基づきノンフィクションでお届けします。

 

 

 

うじうじ悩んでるのが嫌な方

悩んでる時間を短くしたい方

個別セッションの受付しております。

対面は大阪近郊のみですが、

LINE・スカイプメッセンジャーなどを利用した、

遠隔セッションも人気です。

 

個人セッション申込みフォーム