読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどちゃんが通る

お焚き上げブログの岩崎どどです。不要な感情は即お焚き上げ。

どどの相談窓口 ご案内

お焚き上げブログはじめてパック ・ 申込みフォーム作成塾

目標へ近づくSNS・blog診断 ・ ちょっと教えて!操作塾

メニュー申込みはコチラからどうぞ

11736
携帯からのご予約はこちら

魂が泣いてる

宝塚歌劇団月組公演「グランドホテル」を観てきました。

 

往年の名作映画をミュージカル化したブロードウェイ作品を、

 

タカラヅカで上演してるんです。

 

ブロードウェイミュージカルの演出を行った、

 

トミー・チューン氏を召喚し、

 

上演してるので、作品力ももちろん素晴らしい。

 

 

 

 

往年の名プリマ、グルーシンスカヤは人気の衰えと共に、

日々衰えて肉体にも嫌気がさし、もう踊らないと嘆いていたが、

グルーシンスカヤのネックレスを奪おうと、部屋に入って物色していた、

貧乏だけど若いイケメンの男爵と出会い、二人は恋に落ちる。

生きる希望を見つけたグルーシンスカヤは、

もう一度踊る事を決意し、

ウィーンに一緒に来てほしいと男爵に懇願する。

男爵も、新しい生き方を模索していたので、

一緒に行くことを約束し部屋を後にする。

 

その時歌うグルーシンスカヤのミュージカルナンバー

「ボンジュール アムール」

 

呟く様に始まるこのナンバーに、どどは号泣しましたよ。

 

生きる喜びに満ち、

 

男爵からの愛を得た事で、自信を取戻し、

 

本来の自分へ戻って行くのが解ったから。

 

 

でもね、涙が出てきたのは、どどが感動して泣いたからではない感じ。

 

魂が泣いてた。

 

そう思ったわ。

 

 

どういう事かというと、訳もなく涙が止まらない感じなの。

 

自分が認識してる感情以外のところで、

 

心が癒されたり、本当の自分に戻れた時に、

 

どどは、良くこんな状態になるのよ。

 

 

サマンサさんに無理やりセッションの枠を作って貰って、

 

始めてセッションしてもらった時、

 

こんな感じになったわ。

 

マインドブロックバスターは、悩み相談というよりは、

 

自分が思ってる、ネガティブな感情を片っ端から、

 

退治していく感じなの。

 

別に、すぐに効果があるって訳では無いんだけどね。

 

それで、もう機械的に、はい次は?

 

他には?

 

って感じで、じゃんじゃんブロック解除をしていくんだけど、

 

そんなにやってくれるなら、

 

どどとしては、思いついた悩みをじゃんじゃんやって貰ったら、

 

スッキリしそうだな!

 

って思い、

 

次々、あんまり考えないで、

 

「ダーリンの事を気にし過ぎるのが嫌だ」

 

「同居の姑がウザい」

 

「職場の上司が嫌いだ」

 

「色々頑張ってるのに認めてくれない」

 

などなど、色んな事を言っていく中で、

 

急に涙が止まらなくなったのよ。

 

 

ずーっと蓋をしていた自分の感情を、

 

まき散らしたおかげで、心が軽くなったからなのよね。

 

魂が喜んでたんだわ。

 

だって、悲しい訳でも、辛い訳でもないんだもん。

 

忘れられて、ずーっと取り残されてた自分の感情に、

 

自分がようやく寄り添えた。

 

そんなホッとした感じ。

 

カッコつけてたのかな?

 

いい子ぶってたのかもな。

 

 

「ボンジュール アムール」で涙が止まらなくなったのは、

 

グルーシンスカヤが、「私、本当は踊りたいの!」って言ったから。

 

本当は踊りたいのに、人気も衰え、肉体も衰え、

 

全盛期の様に踊れなくなった自分を、

 

観客に晒すことが、耐えられなかったから、

 

踊らない!って意固地になってたのよ。

 

でも、イケメンの若い恋人が出来た事で、

 

自信を取戻し、こんな自分でも良いんだ。

 

自分の好きなバレエを踊ろう!

 

って自分に戻って行ったから。

 

 

そしたら、特に舞台では描かれていなかった、

 

グルーシンスカヤの人生が見えて来た様な気がして・・・

 

ただのバレエが好きな女の子だったけど、

 

一生懸命踊ってたら、プリマになって人気者になり、

 

パトロンが付いて、愛人になったりもした。

 

でも、パトロンは死んで、自分も年を取り、

 

だんだん踊れる場所も限られて来てしまった。

 

そして落ちぶれてしまった自分がとても嫌になってた。

 

そこに、自分のファンだと名乗るイケメン男爵が登場し、

 

生きる喜びを得た事で、

 

自分が大好きだったバレエをまた踊りたい!

 

って思うようになったんだな!

 

 

という風に・・・・・(まあ妄想だけど)

 

 

とにかく、自分の中にある感情を見てみぬふりをして、

 

置いてけぼりにしてる人は、

 

自分の感情を探しに行ってほしいなって思いますよ。

 

 

取り残された感情は、どんな感情なのかな?

 

見つけたくない感情かもしれないよね。

 

 

でもね、それをずーっとそこに置いておくと、

 

いつまでもそこにあるんだよ。

 

だれも、あなたの心の中を片づけたりしてくれません。

 

自分でやるのです。

 

自分しか出来ないのです。

 

 

どどは先日クローゼットの中に取り残されてた洋服達を、

 

生き返らせました。

 

 

dodo-chan.hatenablog.com

 

えーやってくれたのは、MINORIさんで、どどじゃないじゃん?

 

って思うだろうけど、

 

MINORIさんに発注したのは、どどだからね。

 

自分で行動した結果なんです。

 

 

置き忘れられた服達の墓場と化してたクローゼットは、

 

開けるたびに気が重かった。

 

今は、お花畑を眺める位な楽しさがある場所に変身したのよ。

 

 

グルーシンスカヤだって、いくら男爵から求愛されても、

 

受け入れなかったら、何も変わらなかったかもしれないわ。

 

だから、行動した結果、自身を取戻し、

 

本来の自分、バレエが大好きだった頃の気持ちに戻れたのよ。

 

その後、男爵は別の事件に巻き込まれ死んでしまいます。

 

一緒にウィーンへ行くことは出来なかったけど、

 

バレエへの情熱を取り戻したグルーシンスカヤは、

 

きっと、踊ってたと思う。

 

だって、そこがグルーシンスカヤの居場所だから。

 

それが解ったから、涙止まらなかったのよね。

 

良い話だという以上に、

 

演者の気迫も素晴らしかった。

 

心に響く舞台は、自分の感情もデトックスしてくれる。

 

私の居場所は客席なんだな!と実感しましたよ(笑)

 

↑ はい、ツッコミ入れるとこ。

 

 

自分の居場所が解らない方、

 

心の中の整理が出来ない方、

 

どどとLINEでお話ししませんか?

 

 

誰にも見られず、どどと一対一でお話しできます。

LINE@始めました。

良かったら友達になってください。

ブログの感想も送ってね!

 

 PCでご覧になってる方は、

スマホで下記のQRコードを読んでください。

 

f:id:dodoiwasaki:20161226091409p:image

 

 

 スマホの方はこちらから友達追加お願いします。

 

友だち追加

 

どども、こちらで勉強しました。

会社を辞める夢を叶えようと思ってます。

自立を目指す女性に特におすすめです。

コピーライティングが学べる、橋本絢子さんの講座のご案内

橋本さんは、DVやモラハラで苦しんでる女性達が

自立に向かう為のお手伝いをしてます。

起業している方は勿論、会社勤めの方にも、大変為になる講座です。

 

2月17日開催のアフェリエイト講座・ワードプレス講座にどども参加します。

 

dodo-chan.hatenablog.com

 

 

 

 どどの得意分野

離婚問題

180日問題

嫁姑問題

ダメンズ問題

職場のパワハラ問題

副業問題

 

 

以上全て実体験に基づきノンフィクションでお届けします。

 

悩んでる時間を短くしたい方

個別セッションの受付しております。

対面は大阪近郊のみですが、

LINE・スカイプメッセンジャーなどを利用した、

遠隔セッションも人気です。

 

個人セッション申込みフォーム