読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どどちゃんが通る

お焚き上げブログの岩崎どどです。不要な感情は即お焚き上げ。

どどの相談窓口 ご案内

お焚き上げブログはじめてパック ・ 申込みフォーム作成塾

目標へ近づくSNS・blog診断 ・ ちょっと教えて!操作塾

メニュー申込みはコチラからどうぞ

11736
携帯からのご予約はこちら

離婚したくない人

今日も、離婚の悩みを眺めてるどどです。

 

色んな離婚があるんですよね。

離婚したいならすれば良いって言いましたが、

 

離婚したくない!

という方も居るわけです。

 

今日は、こんな悩みに目が留まりました。

 

旦那様が超忙しくて、

子供の面倒を全く見てくれない。

相談者様も、フルタイムで働いていて、

時間の余裕も無く、

心身ともにすり減ってしまってます。

でも、旦那様から離婚と言われて、

忘れていた愛に気が付き、

離婚を踏みとどまりたい。

旦那様の愛情を取り戻したい。

 

詳しくはコチラです

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

どどの回答はコチラ!

 

旦那様も、相談者様も、お仕事頑張りすぎですね。

そもそもお仕事って何のためにしてるんでしょうか?

生活費を稼ぐ為ですよね?

もっと掘り下げると、家族が仲良く楽しく暮らせるように、
稼いでいたのでは無いのでしょうか?

仕事ですり減って、家族の生活が楽しめなくなってるのは、
本末転倒な気がします。

旦那様も、家族の為に一生懸命働いてくれてたと思うんですけど、
いつしか、目的を見失ってしまったのでは無いでしょうか?

旦那様の愛を取り戻したいという事ですが、
まずは相談者様が、自分らしく楽しい生活を始めてください。
いつも何かに追われて、イライラしながら、
我慢しながらというと、
色んな事が楽しめません。

生活を楽しむ事で、
おそらく旦那様への感謝の気持ちが芽生えてくるはずです。

自分は我慢しても、相手を幸せにしてあげればいいと、
勘違いしていた時期もありましたが、
それは違います。

まずは、自分が幸せにならないと、
相手を幸せにすることが出来ないんです。

今は、旦那様も相談者様も相手を幸せにしようとするあまり、
「愛」の在庫が切れちゃった状態なんだと思います。

まずは、相談者様が幸せになってください。

ちっぽけな事で良いんです。

大好きなお菓子をスーパーで買って来て家で食べるとか。
いつもよりもちょっと良いタオルを買うとか。

そんな小さな幸せを積み重ねて行って、
家の中に幸せを充満させてあげてください。

 

うん。今日は熱く語ってみました。(笑)

 

これね、本当に皆さんにお伝えしたいです。

 

私、第一回目の結婚(笑)の時、

仲人さんが挨拶の時に言ってくれた言葉が、

 

「仕事をしていて、

人に感謝されるような事ってなかなかないけど、

家庭においては、

ちょっとの努力で家族を幸せに出来るものなんです。

だから、ちょっとの努力でお互いを幸せにしてあげてください」

 

というものなんです。

まあ、普通に良いお話だと思うし、

今なら、ちゃんと理解できるんですけど、

 

「ちょっとの努力」

「幸せにする」

 

というワードだけが、私の心に深く突き刺さり、

一人で頑張ってましたよ。

自分だけが頑張れば良いっていう思考になっちゃってました。

 

だいたい人間って、自分だけ頑張ってると、

文句言いたくなるんです。

 

なんで私だけ?

私ばっかり!

どうして手伝ってくれないの?

誰も助けてくれない。

私の事解ってよ!

 

ね?(笑)

これですよ。(笑)

 

必殺被害妄想女(笑)

 

そもそも、誰が貴女に頼んだの?

一人でやりなさい!って言われたのかな?

つか、今それしないとダメなの?

自分でやろうって決めて、やってるんだよね?

なんで文句言うの?

意味不明なんだけど!

 

って言われちゃいますよ?(笑)

 

ここで気がついてくれる方は、

軽傷です。

 

どどは重症だったので、

頑張ってる事にも気が付かず、

それが当たり前だと思ってたし、

弱音を吐いたらダメだと思ってました。

当時のどどは、

「別に無理して無いし、

頑張っても居ないよ」

って言ってたと思います。

 

本当に根の深い被害妄想女でした(笑)

 

「愛」って泉の様に湧き出ていて、

常に持ってるものだと勘違いしてませんか?

人によって、愛がじゃんじゃん湧き出てる人と、

少しづつ湧き出てる人が居るんですよ。

人に与えていったら、

「愛」の在庫って無くなっちゃう。

 

在庫が無いと、愛の無い言動が始まりますよ。

 

自分の愛の湧き出るスピードと、

それを溜められる器の大きさ。

 

あの頃のどどは、どんどん愛の在庫が減って行ってる事に、

気が付かず、

愛の泉はほとんど湧き出ても無いのに、

沢山溜まってた愛をどんどん使って行ってました。

 

気が付いたらスッカラカンで、

そこからは、愛の代わりに涙を溜めて行ったんだよ。

 

これ、完全にシリーズ化。

 

お暇な方はお付き合いお願いします。

 

 

どどの得意分野

離婚問題

180日問題

嫁姑問題

ダメンズ問題

職場のパワハラ問題

副業問題

 

以上全て実体験に基づきノンフィクションでお届けします。

 

 

 

うじうじ悩んでるのが嫌な方

悩んでる時間を短くしたい方

個別セッションの受付しております。

対面は大阪近郊のみですが、

LINE・スカイプメッセンジャーなどを利用した、

遠隔セッションも人気です。

 

個人セッション申込みフォーム